1. ホーム
  2. 社会
  3. 同居女性暴行死 被告に懲役12年判決 横浜地裁

同居女性暴行死 被告に懲役12年判決 横浜地裁

社会 神奈川新聞  2015年03月17日 22:51

 川崎市川崎区のマンションで昨年3月、同居する飲食店従業員の女性=当時(20)=に暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死の罪に問われた住所不定、とび職の男(40)の裁判員裁判の判決が16日、横浜地裁であり、三浦透裁判長は求刑通り懲役12年を言い渡した。

 三浦裁判長は、「被告が腰や太ももに手段、方法が不明の暴行を加え、女性を外傷性ショックで死亡させた」と認定。その上で、「被告は責任逃れの態度に終始し、酌むべき事情は見当たらない」と指摘した。

 一方、動機については「犯行前に女性を叱る内容のメールを送っているが、必ずしも犯行に結び付くとは言えず、動機は特定できない」と述べるにとどめた。

 弁護側は被害女性への暴行を否定し、覚せい剤中毒が死因と主張したが、被告が犯行の時間帯にマンション室内におり、「暴行を加える排他的、独占的な機会があった」として退けた。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会