1. ホーム
  2. 話題
  3. 中華街、変わる客層 「団体で円卓」から「若者」「少人数」へ

中華街摩登(19) 
中華街、変わる客層 「団体で円卓」から「若者」「少人数」へ

話題 神奈川新聞  2015年03月17日 21:09

 横浜中華街(横浜市中区)で休日の若年層の来街者が増えている。横浜中華街街づくり団体連合協議会の調査で新しい傾向が明らかになった。交通手段では初めてみなとみらい(MM)線がJRを上回ってトップに立ち、横浜中華街発展会協同組合では、MM線開通や鉄道5社による相互直通運転などで客層が変化していると分析。「若者や少人数グループなど新しい客層のニーズにも応えられる街にしたい」と話している。


若者の姿が目立つようになった横浜中華街=横浜市中区
若者の姿が目立つようになった横浜中華街=横浜市中区

 調査は同組合も加盟している協議会などが昨年9~12月にかけて実施。2002年と08年にも同様調査を実施しており、歩行者の性別や年齢別、グループ属性などについて目視で計測したり、来街者へアンケートをしたりした。

 その結果、休日の流入者は約5万人で前回比14%増、平日は約3万6千人で前回比38%増と来街者は全般的に増加傾向で、特に平日の伸びが大きいことが分かった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする