1. ホーム
  2. 社会
  3. 横須賀・津久井の両親殺害 次男を危険ドラッグ使用で再逮捕

横須賀・津久井の両親殺害 次男を危険ドラッグ使用で再逮捕

社会 神奈川新聞  2015年03月12日 17:09

 横須賀市津久井3丁目の住宅で昨年10月、60代の夫婦が殺害された事件で、県警捜査1課と浦賀署は11日、危険ドラッグを使用したとして、同居する次男で無職の男(36)=殺人罪で起訴=を薬事法違反(現・医薬品医療機器法)の疑いで再逮捕した。

 再逮捕容疑は、昨年10月12日ごろから同18日までの間、自宅や県内などで、指定薬物2種類を摂取した、としている。

 同課によると、男の尿と血液から、指定薬物の成分が検出されていた。同課の調べに対し、男は「危険ドラッグをインターネットで購入し、バターと一緒にあぶって食べたり、吸ったりした」と供述、容疑を認めている。男は昨年10月15日ごろ、自宅で父親=当時(60)=と母親=同(61)=の首や腹などを包丁で刺すなどして殺害したとして、今月6日に殺人罪で起訴された。

【神奈川新聞】


シェアする