1. ホーム
  2. 社会
  3. 「ドラレコに顔と声が」 タクシー強盗、運転手に諭され自首

「ドラレコに顔と声が」 タクシー強盗、運転手に諭され自首

社会 神奈川新聞  2015年03月11日 03:00

 タクシー運転手を脅し、料金を踏み倒したとして、川崎署は9日、強盗の疑いで、横浜市鶴見区生麦4丁目、自称会社員の男(23)を逮捕した。

 逮捕容疑は、8日午後7時20分ごろ、JR八丁畷駅前のタクシー内で、男性運転手(68)に包丁(刃渡り約15センチ)を突き付けて「金を出せ」と脅し、鶴見駅前からの乗車料金910円を支払わなかった、としている。

 同署によると、男は運転手に「ドライブレコーダーに顔と声が記録されている」と諭され、そのままタクシーで同署に送り届けられた。強盗容疑で自首したが、運転手が立ち去っていたため、被害を確認できなかった同署は銃刀法違反容疑で現行犯逮捕。男の供述などから運転手を突き止め、翌9日にあらためて強盗容疑で逮捕した。

 同署によると、男は「悪いことをすれば、会社を辞められると思った」と供述している。

【神奈川新聞】


シェアする