1. ホーム
  2. 社会
  3. 仕事のスキル活用を

川崎で社会貢献「プロボノ」講座
仕事のスキル活用を

社会 神奈川新聞  2015年03月08日 03:00

多くの市民らが参加したプロボノセミナー=川崎市高津区
多くの市民らが参加したプロボノセミナー=川崎市高津区

 仕事で培った知識やスキルを生かしたボランティア活動「プロボノ」を知るセミナーが7日、川崎市高津区二子のにこぷら新地で開かれた。ボランティアに関心のある社会人やプロボノを活用したい市民団体などが参加し、新しい社会貢献の形を探った。

 プロボノとして働きたい社会人とスキルを持つ人材を必要とするNPOのマッチングを手掛けるNPO法人「サービスグラント」代表理事の嵯峨生馬さんが、「プロボノとは自分の得意なことで世の中の困りごとを解決すること」と基礎知識を解説。「ウェブサイト製作や事業計画の立案など成果が形となって残り、支援先の基盤強化につながる。また社会人側も本業に生かせる貴重な経験ができる」とメリットをアピールした。

 事例としてプロボノ支援を受けた県内の2団体が登場。NPO法人「鎌倉てらこや」は「今後の活動指針を事業計画として示してもらった。第三者の立場からの調査や提案のおかげで、活動の優先順位をつける軸ができた」。ウオーキング団体「横須賀歩け歩け協会」は「組織内の課題を整理してもらい、スタッフ間でも積極的に意見が出るようになった」と話した。

 主催した市自治推進部はプロボノを広めようと4月以降、短期体験イベントなどを開催したいとしている。


シェアする