1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 川崎:攻撃力生かし初Vへ

川崎:攻撃力生かし初Vへ

スポーツ 神奈川新聞  2015年03月06日 03:00

初タイトルを目指し、6年目のシーズンに臨む川崎・小林
初タイトルを目指し、6年目のシーズンに臨む川崎・小林

 日本代表に選ばれ、今や川崎の顔になりつつあるFW小林。開幕に向け、順調にコンディションを上げているストライカーは「本当に楽しみ。早く開幕戦に行きたい」と試合開始のホイッスルを待ちわびている。

 昨季は神戸との開幕戦で挙げたゴールを皮切りに自己最多タイの12得点を挙げた。日々のトレーニングで左足のシュートにも意欲的に取り組み、得点パターンは多彩になった。

 相手DFとの一瞬の駆け引きで、最終ラインの裏へと抜け出す。守備でも献身的なプレーを評価され、昨秋初めて代表に招集された。

 ただ、27歳は日の丸を背負う喜びと同時に、悔しさも味わった。連覇のかかった1月のアジア・カップではFWで唯一出場機会がなく、チームはベスト8で敗退した。

 「ピッチで日本代表の力になれなかったことは本当に悔しかった。自分の力のなさを感じた」。だからこそ「純粋にサッカーがうまくなりたいし、強くなりたい。もっともっと成長しないといけない」と向上心を燃やしている。

 チームは昨季、一時優勝争いを演じながら終盤に失速した。誰もが自信を失い、日ごとにロッカールームの会話が減ったあの日々-。それを思い起こし、副キャプテンに就任した今季は「チームが苦しい時にこそ引っ張れる存在になりたい」と誓う。

 もちろん、何より求められているのはゴール。それも「チームを勝利に導くゴール」だと肝に銘じている。クラブの悲願のリーグ制覇を達成する日まで、背番号11は走り続ける。 

【神奈川新聞】


シェアする