1. ホーム
  2. 経済
  3. 「日本の技術素晴らしい」 ラオス首相が川崎の工場見学

「日本の技術素晴らしい」 ラオス首相が川崎の工場見学

経済 神奈川新聞  2015年03月06日 03:00

社員が製作したロボットを見学するラオスのトンシン首相(右から2人目)=川崎市川崎区の日の出製作所
社員が製作したロボットを見学するラオスのトンシン首相(右から2人目)=川崎市川崎区の日の出製作所

 ことしの国交樹立60年に合わせて来日しているラオスのトンシン首相(70)ら一行が5日、ものづくり企業が集積する川崎市川崎区大川町の工業団地を訪れ、中小企業の工場を見学した。ラオスは新たな投資先として注目を集めており、昨年11月には川崎の企業経営者ら約40人が現地を訪問。今回の視察はラオス側の要望で実現した。川崎が世界に誇る高い技術力を前に、首相は「日本の技術は素晴らしい」と目を丸くしていた。

 トンシン首相は4日に日本を訪れ、岸田文雄外相と会談。6日には安倍晋三首相との首脳会談が予定されている。

 川崎ではトンシン首相のほか、ソムディー計画投資相など政府関係者ら約20人が視察。金属部品加工を手掛ける「日の出製作所」と、オフィスチェアやソファなどを製造する「キルト工芸」の2社を訪問した。

 日の出製作所では、岩美恵子取締役が「油にまみれる業界で若者には好まれないが、毎年数人の若者が入社してくれ、社内が活性化している」と自社を紹介。工場では「航空機や船舶、医療など、あらゆる分野に部品を提供している」などと説明を受けながら、トンシン首相は製品を手に取ったり、社員が製作したロボットを興味深そうに見学したりした。

 タイとベトナムの間に位置する人口約680万人のラオスは、安価な労働力に加え8%を超える高い経済成長率で注目を集めている。川崎との関係も深く、昨年11月には川崎市とラオス計画投資省との間で、ラオス進出支援に関する覚書を結んだほか、川崎商工会議所もラオス商議所と経済協力協定を締結。工業炉の設計・施工のほか、デッキ材の商品などを扱う東洋ロザイ(川崎区、山村弘樹社長)が現地に進出している。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 0歳が頭部骨折 車衝突に巻き込まれ母子が重軽傷 相模原

  2. 動画 【台風19号】川崎の大規模浸水、2つの原因浮上

  3. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  4. 【台風19号】インフラ寸断、温泉打撃… 箱根に災禍再び

  5. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  6. 宮ケ瀬ダム放流開始 国交省、台風20号接近に備え

  7. 高校野球秋季関東大会 県勢2校、21日準々決勝 東海は習志野、桐光は桐生第一

  8. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  9. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、二転三転 下流域は混乱