1. ホーム
  2. 社会
  3. 大涌谷にガスモニター新設 観光客に注意喚起へ

大涌谷にガスモニター新設 観光客に注意喚起へ

社会 神奈川新聞  2016年12月15日 17:34

 箱根山・大涌谷周辺で噴出が続く火山ガスを巡り、箱根町は14日、ガス濃度や基準値を超えた場合の注意情報などを伝える液晶モニターを園地内に設ける考えを明らかにした。立ち入り規制の一部解除に伴って戻りつつある観光客らの安全対策の一環で、本年度末にも運用を始める。

 大涌谷周辺では現在、園地内と箱根ロープウェイの大涌谷駅舎など8カ所に県と事業者が設置したガス計測器があり、町は本年度内に早雲山駅など3カ所にも増設する予定だ。

 新設するモニターには、計11カ所の観測データを表示。ガス濃度が基準値を超えた場合は濃度に応じて3段階の警告を表示し、スピーカーを通じて音声による注意情報も流す仕組み。

 モニターは人通りが多い同駅舎、くろたまご館の入り口付近に各1台設置し、現在は本格運用に向けて各地点の観測データの集約や情報発信のシステム構築を進めている。

 14日の町議会本会議で折橋尚道氏(至誠会)の一般質問に答えた山口昇士町長は、「リアルタイムで観光客などへの周知を図り、火山ガスへの安全対策をさらに強化していく」と述べた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会