1. ホーム
  2. 社会
  3. 焼却施設周辺からダイオキシン検出/伊勢原市

焼却施設周辺からダイオキシン検出/伊勢原市

社会 神奈川新聞  2015年03月04日 03:00

 伊勢原市は3日、秦野市伊勢原市環境衛生組合伊勢原清掃工場(同市三ノ宮)の焼却施設周辺の土壌から、環境基準値を上回る鉛とダイオキシン類などが検出されたと発表した。市は飛散防止措置を取り、再調査した上で対策を講じる。周辺での健康被害の報告はないとしている。

 市によると、鉛は8区画中4区画で、最大で環境基準値(1キロ当たり150ミリグラム以下)の6倍超となる1キロ当たり千ミリグラムを検出。ダイオキシンは28区画中7区画で、最大で基準値(1グラム当たり千ピコグラム以下)の2・5倍に当たる1グラム当たり2500ピコグラムが検出された。同施設の解体工事に向け昨年10月から行っていた土壌調査の結果、判明した。

 原因については市は、敷地内で1979年から81年にかけて仮置きしていた焼却灰による影響とみられるとしている。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 三浦半島で停電相次ぐ

  2. 台風の波が掘り返す? 横浜・山下公園の海底から銃弾 

  3. 「ホームレス襲撃」と命の重さ 横浜で22日上映会

  4. 進む入居者間連携 「湘南アイパーク」開所1年半

  5. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  6. 県立6施設22日に無料公開 即位礼正殿の儀を慶祝

  7. 【台風19号】相模原の住宅被害116棟 夫婦捜索に全力

  8. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  9. ラグビーW杯 「松島、ここからが勝負」恩師のエール

  10. 知的障害の15歳少女を誘拐、藤沢市内で 29歳の男逮捕