1. ホーム
  2. 選挙
  3. 県議選:寒川町選挙区 新人複数出馬の様相

県議選:寒川町選挙区 新人複数出馬の様相

選挙 神奈川新聞  2015年03月03日 13:28

 4月12日投開票の県議選寒川町選挙区(定数1)が、前回を上回る激戦となりそうだ。去就が注目されていたベテラン現職の引退表明が“引き金”となったかのように、複数の新人による出馬の動きが表面化。一部では保守分裂の様相を呈しているほか、新たに立候補を模索する動きもあり、告示(4月3日)1カ月前にして熱を帯び始めている。

 4期務めた現職の飯田誠氏(79)=県政会=は2月24日、県議会本会議の一般質問の中で今期限りでの引退を表明。取材には「高齢のため後進に道を譲ることにした」と説明した。

 この動きを受け、今月2日に無所属での立候補を表明したのは、元町長で会社役員の山上貞夫氏(72)。元自民党町議で、2007年の町長選に立候補した際に離党、無所属で初当選した。11年の町長選は民主党推薦で再選を目指したが新人に敗れた。

 一方、自民党は1年以上前から県議選候補の擁立を検討。1月の党高座郡寒川町連合支部役員会で新人の会社役員山本哲氏(45)の擁立を決め、県連が公認候補として発表した。

 こうした動きに、ある自民党関係者は「党内では山上氏と町長時代からのつながりが深い人もいる。票が割れる可能性が高いのでは」と、保守分裂もあり得るとの見方を示している。

 同選挙区は長く無投票が続いていたが、前回は12年ぶりに現職と新人の一騎打ちとなった。今回は2氏以外にも出馬を模索する動きがあり、さらなる激戦となりそうだ。

【神奈川新聞】


シェアする