1. ホーム
  2. 社会
  3. 川崎のご当地アイドル 市消防局の広報大使に

川崎のご当地アイドル 市消防局の広報大使に

社会 神奈川新聞  2015年03月03日 12:27

放火火災防止広報大使に委嘱された「川崎純情小町☆」=川崎市川崎区の市消防局
放火火災防止広報大使に委嘱された「川崎純情小町☆」=川崎市川崎区の市消防局

 川崎のご当地アイドルグループ「川崎純情小町☆」が2日、川崎市消防局の「放火火災防止広報大使」に就任した。市内での幅広い活動を通じ、火災原因トップの放火への注意を呼び掛けていく。

 同局によると、市内の火災原因は放火(疑い含む)が39年連続で1位。昨年は381件の火災のうち107件を占め、前年比30件増加。今年は2月末までにすでに24件発生しているという。同局は放火させない環境づくりとし、▽ごみは収集日以外に出さない▽家の周りに可燃物を置かない-などを呼び掛けている。

 同日の委嘱式で、市消防局の南部浩一局長は「放火の多発は安心安全の暮らしが懸念される。より一層強化し、放火されない、させないまちづくりをしたい」と述べた。

 純情小町リーダーの前田沙耶香さんは「火災はとてもこわい。市民一人一人が注意していくことが大事と訴えていきたい」と意気込みを語った。

 川崎純情小町は年間を通じて消防局のイベントに参加して広報活動を担う。放火火災防止ポスターも約3千部作製し、各消防署や警察署などに掲示する。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【台風19号】河川水位が各地で上昇 中小河川も危険

  2. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  3. 【台風19号】「城山ダム放流へ」流域住民、避難所に殺到

  4. 【台風19号】多摩川氾濫の恐れ、川崎市が避難指示

  5. 多摩川・鶴見川、氾濫の恐れ 台風で川崎市が避難勧告

  6. 【台風19号】城山ダム、緊急放流へ 相模川流域で浸水も

  7. 高潮の恐れ、川崎・川崎区の一部に避難勧告

  8. 横浜・瀬谷区の一部に避難勧告

  9. 【台風19号】各地に避難所開設、住民避難が急増

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、午後5時は見送り