1. ホーム
  2. 話題
  3. 「按針ガリバー説」 横須賀で園児に紹介

「按針ガリバー説」 横須賀で園児に紹介

話題 神奈川新聞  2015年03月03日 12:14

「地元に愛着を持ってほしい」と語る桐ケ谷さん(右)
「地元に愛着を持ってほしい」と語る桐ケ谷さん(右)

 18世紀に書かれた小説「ガリバー旅行記」の主人公のモデルといわれる三浦按針(ウィリアム・アダムズ)に興味を持ってもらおうと、横須賀市の保育園の園児27人を対象にした講演会が2日、開かれた。

 街づくりの勉強会などを催している市民団体「よこすか未来塾」の桐ケ谷良之さん(63)が海賊に扮(ふん)して登場。旅行記の記述に基づき、主人公のガリバーが1709年、観音崎(同市鴨居)に上陸した、という説を紹介。このガリバーのモデルが、江戸時代に徳川家康の外交顧問として仕えた按針ではないか、と説明した。按針は西逸見町に屋敷を構えていた縁もある。

 桐ケ谷さんは「(日本滞在中に)按針が英国に手紙を出した相手が、旅行記の作者じゃないかと思っている」と推察。園児らは興味深そうに耳を傾けていた。

 桐ケ谷さんは「子どもたちが地元の歴史に興味を持ち、大人になっても愛着を持ってほしい」と話した。

 園児たちは28日に開かれる「塚山公園さくら祭パレード」(逸見観光協会主催)で、ガリバー役の外国人と一緒に逸見商店街などを練り歩くという。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会