1. ホーム
  2. 社会
  3. 18歳少年が殺害認める 動機「ちくった」

川崎・多摩川中1殺害
18歳少年が殺害認める 動機「ちくった」

社会 神奈川新聞  2015年03月02日 17:01

 川崎市川崎区の多摩川河川敷で市立中学1年の男子生徒(13)が刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕され供述を留保していたリーダー格の自称無職の少年(18)が、容疑を認める供述を始めたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。男子生徒を暴行していた少年宅に男子生徒の友人らが押し掛けてきたトラブルが動機だったと説明。「全裸で多摩川で泳がせた」と供述している。

 捜査関係者によると、18歳の少年は、男子生徒に全裸になるよう命令して多摩川で泳がせ、カッターナイフで男子生徒の首を何度も刺して殺したと認めた。同容疑で逮捕された自称職人の少年(17)も男子生徒を傷つけたという。動機について「ちくりやがったからやった」と供述している。

 一方、ほかに逮捕された無職の少年(17)は県警の調べに対し、少年2人と男子生徒とともに河川敷まで移動したが、「(18歳の少年に)どっかに行ってろと言われ、コンビニに行っていた」と主張している。

 河川敷に戻ると、18歳の少年が男子生徒の首を刺しているのに気付いたという。無職の少年は18歳の少年を止めようとしたが、馬乗りになられ、「てめぇも殺すぞ」とカッターを突き付けられたと供述している。

 殺害後の行動についても具体的に供述を始めている。無職の少年は男子生徒の死亡後、3人で自転車の前かごに男子生徒の衣服を載せて近くの公園に向かったと説明し、「18歳の少年の指示でライター用オイルを買い、男子生徒の服を燃やした」と供述している。職人の少年は「ほかの2人が燃やした」と話しているという。

 捜査本部は近くのコンビニでオイルの購入記録を確認しているほか、遺体発見現場から約700メートル離れた公園のトイレで男子生徒のスニーカーとみられる靴の燃え残りを発見しており、この供述を裏付ける証拠とみている。

 捜査本部は3人の供述を突き合わせ、19日夜から20日未明にかけた3人の行動を慎重に調べている。捜査関係者によると、3人は19日夜、職人の少年の自宅で飲酒した後、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で男子生徒を呼び出した。捜査本部は、18歳の少年が酒に酔った状態で男子生徒を刺殺したとみている。

 捜査関係者によると、男子生徒は1月中旬に18歳の少年から受けた激しい暴行を別の親しいグループの友人に相談。このグループが2月12日、謝罪を求めて少年宅に押しかけ、県警が「トラブル」として処理していた。

 男子生徒の遺体は2月20日朝、多摩川河川敷で着衣のない状態で発見。少年3人は27日、殺人の疑いで逮捕された。18歳の少年は逮捕直後、「当時のことは今は話さない」と供述を留保していた。

 18歳の少年の国選弁護人と就任予定の弁護士は1日、少年との接見後に報道陣の取材に応じ、少年の供述内容などについて「一切答えられない」と述べた。少年の健康状態に問題はなく、警察の取り調べについても不満を述べてはいないという。

【神奈川新聞】


シェアする