1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 首相「葉山牛」を堪能 生産者「所得増やす政策」を要望

首相「葉山牛」を堪能 生産者「所得増やす政策」を要望

政治行政 神奈川新聞  2015年02月27日 03:00

「葉山牛」のローストビーフを試食する安倍首相(右)=首相官邸
「葉山牛」のローストビーフを試食する安倍首相(右)=首相官邸

安倍晋三首相は26日、首相官邸で、黒毛和牛「葉山牛」を飼育している三浦半島酪農組合連合会の表敬を受けた。生産農家は、葉山牛のローストビーフやビーフジャーキーなどを贈呈し、地域ブランドをアピール。試食した首相は「深い味わいがあって、おいしいですね」と堪能していた。

葉山牛は「かながわブランド」のひとつで、三浦半島一帯で年間200頭程度が飼育されている。

同連合会の石井広会長や石井義房出荷部会長らは、消費者による葉山牛の購入が伸びるように「所得を増やす政策をしっかりやってほしい」と求めた。同席した自民党の山本朋広衆院議員(比例南関東)によると、首相は「頑張ろう」と応じたという。

【神奈川新聞】


シェアする