1. ホーム
  2. 社会
  3. 路上で暴行致死 被告に懲役3年 地裁判決

路上で暴行致死 被告に懲役3年 地裁判決

社会 神奈川新聞  2015年02月27日 03:00

横浜市中区の路上で昨年8月、清掃員の男性=当時(59)=の顔面を殴るなどの暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死の罪に問われた同区、無職男(33)の裁判員裁判の判決が26日、横浜地裁であり、鬼沢友直裁判長は懲役3年(求刑懲役6年)の実刑判決を言い渡した。

鬼沢裁判長は、被害男性が交際相手に絡んでいたのを目撃した被告が、この交際相手を守ろうと暴行を加えたと認定。被告は被害者側と面識がなく、「純粋な正義感から男女トラブルに割って入ったことは非難されるべきではない」としたものの、「許される限度を超えている」と指摘した。

弁護側は、正当防衛の成立を主張したが、被告が繰り返し暴行を加えたことから「過剰防衛に当たる」として退けた。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会