1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 茅ケ崎市長選:鈴木氏が正式出馬表明

茅ケ崎市長選:鈴木氏が正式出馬表明

政治行政 神奈川新聞  2015年02月27日 03:00

任期満了に伴う茅ケ崎市長選(4月19日告示、26日投開票)で、会社役員の鈴木毅氏(59)が26日、会見を開き、無所属での出馬を正式表明した。同市長選には現職の服部信明氏(53)も立候補を表明しているほか、新人の桂秀光氏(58)も出馬の意向を明らかにしている。

鈴木氏は出馬を決意した理由に現職の4選出馬を挙げ、「公約違反だ。4期16年はあまりに長く、人事も硬直化している」と批判。市の課題として「若い世代への施策が近隣市に比べ遅れている」と指摘し、「小児医療費助成の対象を段階的に中学卒業まで拡充させ、中学校給食も実施したい。市長自ら企業に働き掛けるなどして若者の就労支援も行いたい」と訴えた。

また「『箱物』の公共施設整備も見直すべき」とした上で、具体例としてさがみ縦貫道路(圏央道)の全線開通を契機に「北信越地方との交流ができるような配送基地ができれば雇用にもつながり、道の駅よりもいい」と主張した。

【神奈川新聞】


シェアする