1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 家事、仕事、子育てばっちりこなしそうな芸能人主婦1位に北斗晶 主夫部門はつるの剛士

家事、仕事、子育てばっちりこなしそうな芸能人主婦1位に北斗晶 主夫部門はつるの剛士

カルチャー 神奈川新聞  2015年02月26日 17:42

無料情報誌「ぱど」(東京都品川区)が、神奈川、東京、千葉、埼玉に在住する2~70歳代の主婦656人に、「家事も仕事も子育てもばっちりこなしそうな芸能人」についてアンケートを実施した。女性部門は、元プロレスラーの北斗晶(47)が1位に輝いた。北斗は、自身のブログで料理や、子どものとやりとりなどを多く配信していることから、「子どもと仲が良い」「家族の体調管理をしっかりしている」とイメージする人が多く、また家族そろってのテレビ出演が多いことから、家庭的な“肝っ玉母さん”の理想像としている人が多かった。2位は横浜市出身の女優・松嶋菜々子(41)、3位は女優の江角マキコ(48)が続いた。

フジテレビで放送中のドラマ「残念な夫。」で俳優の玉木宏(35)が、育児を手伝う“残念な”父親が描かれて話題を集めていることから、アンケートでは「完璧な主夫」についても質問が。1位は藤沢市在住で4人の子どもを持つタレント・つるの剛士(39)が選ばれた。つるのは2009年に「ベストファーザー賞」を受賞。育児休業を取得するなど“イクメン”としての地位を確立しており、「子煩悩そう」という声が多く寄せられた。2位は朝の情報番組で料理の腕前を披露し、“料理男子”としても知られる俳優の速水もこみち(30)。3位はバーテンダーをしていたことがきっかけで、スカウトされた横浜出身の俳優・向井理(33)だった。

また「家事の参考になる」部門の1位は、すき間などの掃除を楽にしてくれる掃除グッズ「マツイ棒」を開発し、大ヒットさせたタレントの松居一代(57)。2位は「簡単でおいしく、素材をすみずみまで使い切るアイデアレシピを紹介してくれる」と北斗がランクイン。3位は「テーブルセッティングや、食器の使い方が参考になる」とタレントの小倉優子(31)が選出された。さらに、「子育て相談をしたい」1位には「悪いところをしかってくれそう」と北斗が票を集めた。2位は「両性の気持ちを分かるのでは」とタレントの尾木直樹(尾木ママ)(68)、3位は「頭が良くて、しっかりした子どもの育て方を教わりたい」とタレントの関根勤(61)が選ばれた。

【神奈川新聞】


シェアする