1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 海老名市予算案:過去最大の657億円

海老名市予算案:過去最大の657億円

政治行政 神奈川新聞  2015年02月26日 03:00

海老名市は25日、過去最大となる総額657億2800万円の2015年度当初予算案を発表した。一般会計は399億200万円と前年度比で14億4100万円、3・5%の減額。えびな市民活動センター、市営上河内住宅建設などが完了したため縮小した。

一般会計の歳入は、根幹の市税が213億8800万円で0・9%の減。個人市民税1・9%、固定資産税0・4%といずれも減少。市債発行は施設建設が一段落したため31・6%減となり、4年ぶりに20億円台に抑制した。歳出は普通建設事業費が32・0%と大幅減。

主要事業では10月に「長年の夢の実現」(内野優市長)としている海老名駅西口地区の土地区画整理事業が完了、新たなまち開きに向け、渋滞緩和のための周辺の道路整備などに約12億円を計上した。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会