1. ホーム
  2. 社会
  3. 七福神が一斉公開へ 27日から平塚・長楽寺

七福神が一斉公開へ 27日から平塚・長楽寺

社会 神奈川新聞  2015年02月25日 10:44

お披露目式を控え、長楽寺にそろった七福神の石像と、住職の高橋さん=長楽寺
お披露目式を控え、長楽寺にそろった七福神の石像と、住職の高橋さん=長楽寺

ウオーキングツアーとして人気を集める「湘南ひらつか七福神」の石像が27日から、長楽寺(平塚市札場町)で一斉公開される。市内の篤志家が寄贈、各寺社に設置される前に、七福神巡りのPRも兼ねてお披露目することになった。3月3日まで。

「湘南ひらつか七福神」は、市内の観光振興を目指して、市観光協会が2011年に選定。夏季を除く毎月7日には、住職や宮司らによる法話が聞ける七福神巡りのウオーキングツアーを同協会が実施しており、高齢者らに人気がある。

石像7体のうち、布袋尊を除く6体は今月、市内の篤志家が寄付した。御影石製で、大人ほどの背丈がある。布袋尊は既に石像があるため、今回の一斉公開に合わせて長楽寺に運び入れた。長楽寺の住職、高橋智運さん(73)は「七福神の像が一堂に会するのは今回が最初で最後。大勢の人に見てもらい、まちを元気に盛り上げていきたい」と話す。

今後は「参拝しやすいように」と御神体がまつられている堂の近くなどにそれぞれ設置されるといい、7寺社などでつくる「湘南ひらつか七福神会」の会長を務める三嶋神社(夕陽ケ丘)の禰宜(ねぎ)岩見紀孝さん(42)は「(それぞれの寺社で)七福神巡りの新しい観光スポットにしてもらえれば」と期待を寄せる。

入場無料。27日午前10時半からお披露目式が開かれる。28日、3月1日は子どもたちに菓子をプレゼントする。問い合わせは同協会電話0463(20)5110。

湘南ひらつか七福神は次の通り。

▽毘沙門尊天=春日神社(平塚4丁目)▽大黒尊天=妙安寺(平塚1丁目)▽弁財天=平塚八幡宮(浅間町)▽布袋尊=蓮光寺(榎木町)▽恵比寿神=三嶋神社(夕陽ケ丘)▽福禄寿=善性寺(夕陽ケ丘)▽寿老尊=長楽寺

【神奈川新聞】


シェアする