1. ホーム
  2. 江ノ島電鉄
  3. 一足早く北陸の幸満喫 江ノ電でPR用特別列車

一足早く北陸の幸満喫 江ノ電でPR用特別列車

江ノ島電鉄 神奈川新聞  2015年02月22日 03:00

江ノ電の車内で北陸の幸を使った弁当を楽しむ乗客ら
江ノ電の車内で北陸の幸を使った弁当を楽しむ乗客ら

3月14日の北陸新幹線長野-金沢間開業を前に、北陸をPRする特別列車が21日、江ノ島電鉄の鎌倉-藤沢間で運行された。事前に申し込んだ一般客と招待客計60人が乗車し、北陸の幸を車内で楽しんだ。

北陸トレインと銘打った列車は、4両編成のうち2両を貸し切る形で運行。首都圏での認知度向上と観光連携を図るため、北陸経済連合会などが江ノ電と協力して企画した。

鎌倉駅で出発式を開いた後の午後6時24分、同駅を出発。振る舞われた弁当は氷見牛やホタルイカなどの名産が食材に使われ、北陸3県の観光関係者や自治体職員らが“お国自慢”のトークを繰り広げて車内を盛り上げた。

乗車した鎌倉市の男性(46)は「弁当もワインもとてもおいしい。新幹線が開業したら、ぜひ金沢や能登に行ってみたい」と話していた。

【神奈川新聞】


シェアする