1. ホーム
  2. 社会
  3. 集団的自衛権に抗議8千人 横浜市で弁護士ら集会

集団的自衛権に抗議8千人 横浜市で弁護士ら集会

社会 神奈川新聞  2015年02月22日 03:00

集会後のデモ行進で「集団的自衛権の行使を認めない」と声を上げた参加者ら=横浜市中区
集会後のデモ行進で「集団的自衛権の行使を認めない」と声を上げた参加者ら=横浜市中区

横浜弁護士会に所属する弁護士らが集い、集団的自衛権の行使に反対する抗議集会が21日、横浜市中区の山下公園で開かれ、約8千人(主催者発表)が集まった。国会で安全保障法制の整備をめぐり、議論が進められている中、参加者らは「戦争をする国づくりをさせてはならない」と声を上げた。

集会でスピーチを行った神奈川大学法科大学院の阿部浩己教授は「安倍政権のいう『積極的平和主義』は、積極的に軍事力を用いて戦争に介入していく、ということ。日本国内に大きな危険を生み出していく」と指摘。「今国会では、他国の軍事的な活動を、自衛隊が軍事的に支援するという法案が出てきている」とし、議論を注視していく必要があると訴えた。

法整備では、米軍などを後方支援するため自衛隊の海外派遣を随時可能とする恒久法制定の是非が大きな焦点とされている。

約25年間、自衛隊を取材する東京新聞編集委員の半田滋さんは、自衛隊のイラク派遣を憲法違反とした2008年の名古屋高裁の判決を例に挙げ「憲法違反であるとはっきり認定されているにもかかわらず、これからは、米軍と一体化した武力行使を本格的にやろうとしている」と強調。さらに、「イラク派遣で自衛官28人が自殺している。自ら命を絶たなければならなかった後方支援の活動とは何なのか。国民的議論を高めなければならない」と呼び掛けた。

参加者は集会後、「集団的自衛権にNO」と書かれたプラカードなどを手に、デモ行進を行った。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 三浦半島で停電相次ぐ

  2. 台風の波が掘り返す? 横浜・山下公園の海底から銃弾 

  3. 「ホームレス襲撃」と命の重さ 横浜で22日上映会

  4. 進む入居者間連携 「湘南アイパーク」開所1年半

  5. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  6. 県立6施設22日に無料公開 即位礼正殿の儀を慶祝

  7. 【台風19号】相模原の住宅被害116棟 夫婦捜索に全力

  8. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  9. ラグビーW杯 「松島、ここからが勝負」恩師のエール

  10. 知的障害の15歳少女を誘拐、藤沢市内で 29歳の男逮捕