1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 神奈川県議選:三浦市選挙区で無投票の可能性 自民現職が辞退へ

神奈川県議選:三浦市選挙区で無投票の可能性 自民現職が辞退へ

政治行政 神奈川新聞  2015年02月21日 03:00

4月の県議選三浦市選挙区(定数1)に出馬予定だった自民現職の木村謙蔵氏(59)が出馬を辞退する意向を固めたことが20日までに、関係者への取材で分かった。

木村氏は、同市出身で拓殖大卒。市議を1期途中で辞職し、2003年の県議選に出馬し敗れたが、現職県議の辞職に伴う補選で初当選し、現在3期目。

三浦市選挙区をめぐっては、自民党県連が昨年3月に木村氏の公認を発表。一方で、今月12日には保守系無所属の元市議石川巧氏(42)が出馬を表明。自民現職に保守系の新人が挑み、保守層が分裂して戦う様相が強まっていた。

◇候補予定者1人に

任期満了に伴い4月3日に告示、12日に投開票される県議選三浦市選挙区(定数1)に立候補予定だった自民現職の木村謙蔵氏(59)が出馬を辞退する意向を固めた。現状で出馬を表明しているのは保守系無所属の元市議石川巧氏(42)のみで、他の候補者擁立の動きは見られない。

同選挙区をめぐっては、自民党県連が昨年3月に木村氏を公認候補予定者として発表。同氏は今月7日の自身の県政報告会で「新人が出るより中堅が出てこの町の課題を県に伝えるほうが絶対にいい」などと訴え、4選に意欲を見せていた。

一方、石川氏は12日に市内で会見し「三浦のためになる真のパイプ役になりたい」と出馬を表明。それを受け吉田英男市長は、石川氏を応援する考えを明らかにした。

保守系の新人が自民現職に挑み、市議を含め保守層が分裂する様相となっていた。

三浦市は1955年1月、三崎、南下浦、初声の2町1村が合併して誕生。同年4月に初めて現在と同じ形の県議選三浦市選挙区が執行されて以来、補選を含めて無投票だったのは、91年春執行の1回のみ。現職県議だった故・吉田実氏が無投票当選を果たしている。

【神奈川新聞】


シェアする