1. ホーム
  2. カルチャー
  3. ゲイ公表の英シンガー トイレ掃除アルバイトからグラミーへ

ゲイ公表の英シンガー トイレ掃除アルバイトからグラミーへ

カルチャー 神奈川新聞  2015年02月20日 00:00

英国出身のシンガー・ソングライター、サム・スミス(写真左)と「三代目J Soul Brothers」のボーカルの今市隆二
英国出身のシンガー・ソングライター、サム・スミス(写真左)と「三代目J Soul Brothers」のボーカルの今市隆二

ダンスボーカルグループ「三代目J Soul Brothers」のボーカリスト・今市隆二(28)がナビゲーターを務めるラジオ番組「SPARK」(J-WAVE)の公開収録が18日、東京キネマ倶楽部(東京都台東区)で行われ、ゲストに米音楽界の権威「第57回グラミー賞」で「最優秀レコード賞」「最優秀楽曲賞」「最優秀新人賞」と主要3部門を含む、最多4部門を受賞した英国出身のシンガー・ソングライター、サム・スミス(22)が登場した。お互いにソウル音楽が好きなことから意気投合したふたりは、「いつか一緒に歌いたいね」「ぜひ実現しよう」と話し、熱いハグを交わした。

ファン100人とともにスミスを出迎えた今市は、「グラミー賞受賞、おめでとう」と花束を贈呈。英国から式典が行われた米ロサンゼルスに家族を招き、授賞式に臨んだスミスは「とても幸せな経験だった」と感無量の表情で振り返った。楽屋が隣だった米の歌手スティーヴィー・ワンダー(64)が、スミスを楽屋に招き入れ歌を披露してくれたことなどを語り、今市は「グラミーはやっぱりすごい!」と目を丸くしていた。

ケンブリッジシャー州に生まれたスミスは、母が好きだった米国人歌手ホイットニー・ヒューストンなどを聴いて育ち、10代の初めごろまでは師事した講師のバックシンガーとしてロンドンのライブハウスでステージをこなしていた。18歳のときに、「歌手になりたい」とロンドンへ単身上京。トイレ掃除のアルバイトで生計を立て好機をうかがった。19歳のときに、同じくグラミー歌手のアデル(26)のマネージャーと再会したことをきっかけに事態が一変。13年にラッパーのノーティ・ボーイと共演した「ラ・ラ・ラ」が全英1位になり、一気に知名度を上げた。

14年4月に同性愛者であることを公表。同年5月に発売(日本国内は2015年1月)したデビューアルバム「イン・ザ・ロンリー・アワー」は全世界で売り上げ600万枚を突破。中でも愛した男性との別れを経験したスミスが、苦しい思いをつづった「ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい」は多くの人の心をとらえ、世界52カ国のiTunesシングルランキングで1位になる大ヒットに。新人がグラミー主要3部門を制覇したのは故エイミー・ワインハウスが08年に成し遂げて以来の快挙だった。

スミスは「歌詞を制作した当時は、愛した人が僕のことを愛してくれなかった悲しみを書いたけれど、僕のことを愛してくれなかったわけではなくて、彼の愛は僕が求めた愛の形ではなかったのだと気がついたんです。愛は家族から、友人からなどたくさんの種類がありますよね。僕の歌詞はすべて実体験。曲を書いているときは苦しいけれど、その悲しみ、苦しみを吐き出すことで昇華しているから、痛みを持った言葉が大きな愛に変わるんです。次の作品ではいろいろな愛を描きたい」と力を込めると、今市も「僕も1番重要なのは愛。たくさんの人に愛を届けていきましょう」と思いを交換した。番組は20日午前1時から放送される。

今市との対談後、スミスは同地でショーケースライブを開催。販売から1分で完売したプラチナチケットを手にした600人がステージを見守った。ライブでは世界を席巻し続けている「ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい」など6曲を美しいファルセットとともに披露。5月に再来日し、東京・新木場コースとで単独公演を行うことも決まった。

初来日ではすしなど日本食を堪能したり、浅草で着物を購入するなど短い滞在を楽しんでいるよう。「とくに、神戸牛はいままで生きてきた中で、1番おいしかったよ」と感激した様子だった。

【神奈川新聞】




サム・スミス=東京キネマ倶楽部のステージ
サム・スミス=東京キネマ倶楽部のステージ

サム・スミス=東京キネマ倶楽部のステージ
サム・スミス=東京キネマ倶楽部のステージ

サム・スミス=東京キネマ倶楽部のステージ
サム・スミス=東京キネマ倶楽部のステージ

シェアする