1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 【かながわの梅2015】横浜の名所

【かながわの梅2015】横浜の名所

カルチャー 神奈川新聞  2015年02月16日 12:45

こどもの国 (こどもの国駅徒歩3分)。「豊後梅」など約650本。一般600円ほか。水曜休園(祝日は開園)。午前9時半~午後4時半(入園は3時半まで)。電話045(961)2111。◆梅まつり 21・22・28日・3月1日。各日正午から先着でホットミルク無料配布(雨天中止)など。

馬場花木園 (鶴見駅西口・菊名駅からバスで東高校入口下車8分)。紅梅・白梅合わせて約40本。第3火曜休園。電話045(585)6552。

東方(ひがしがた)天満宮 (仲町台駅からバスで天満宮前下車すぐ)。約250本。◆梅まつり 28日午前11時から。

大倉山公園 (大倉山駅徒歩7分)。32品種約200本。1本の枝に淡い紅、紅、白の花が咲き乱れる「思いのまま」など。横浜市北部公園緑地事務所電話045(311)2061。◆大倉山観梅会 28日・3月1日午前10時~午後4時。野だて、ステージイベント、梅酒「梅の薫」の試飲・販売、飲食物・甘酒・園芸品などの販売。港北区役所地域振興課電話045(540)2247。

県立保土ケ谷公園 (保土ケ谷駅からバスで保土ケ谷野球場前下車)。「八重寒紅」「白加賀」「思いのまま」など50品種約120本。電話045(333)5515。◆梅観賞ウイーク 8~22日。

横浜市児童遊園地 (横浜駅・保土ケ谷駅からバスで児童遊園地入口下車5分)。「一重野梅」「八重唐梅」「満月枝垂」など約45品種130本。こども植物園電話045(741)1015。

こども自然公園 (二俣川駅徒歩15分)。「田毎の月」「紅千鳥」「大盃」など38品種約220本。横浜市北部公園緑地事務所電話045(311)2016。

三渓園 (根岸駅からバスで本牧下車5分)。白梅・紅梅など約600本。竜が地をはうような枝ぶりの「臥龍梅(がりょうばい)」など。一般500円ほか。午前9時~午後5時(入園は4時半まで)。電話045(621)0635。◆観梅会 14日~3月8日。昔ながらの茶釜で沸かした麦湯接待(毎日)やお囃子(はやし)(21日)、梅の盆栽展示(15~22日)など。

根岸森林公園 (根岸駅からバスで旭台下車すぐ)。「古今集」「田子の浦」「春日野」など約70品種310本。横浜市都心部公園担当電話045(671)3648。

久良岐公園 (磯子駅からバスで久良岐公園前下車3分)。32本。横浜市南部公園緑地事務所電話045(831)8484。

岡村公園 (磯子駅からバスで天神前下車5分)。約170本。公園管理事務所電話045(751)4375。◆梅林ライトアップ 28日午後6~9時◆梅まつり 3月1日午前10時~午後3時。餅つきや梅ジュースの販売。

岡村天満宮 (磯子駅からバスで天神前下車5分)。一つの花に八つの実を付ける珍種「座輪梅」など。電話045(751)2008。

妙法寺 (新杉田駅・杉田駅徒歩12分)。名木「照水梅(しょうすいばい)」など約50本。電話045(774)3776。

称名寺 (金沢文庫駅徒歩15分)。紅梅・白梅など約80本。

金沢動物園・金沢自然公園 (金沢文庫駅からバスで夏山坂上下車すぐ)。◇動物園=一般500円ほか(毎週土曜は高校生以下無料)。午前9時~午後4時半(入園は4時まで)。月曜休園(祝日の場合は翌日)◇公園=無料。午前9時~午後5時。動物園の休園日に準ずる。濃淡が美しい「楠玉(くすだま)」など26品種約250本。管理事務所電話045(783)9100。

【神奈川新聞】


シェアする