1. ホーム
  2. 社会
  3. 迫力満点女子プロレス 横須賀で慈善大会 600人観戦

迫力満点女子プロレス 横須賀で慈善大会 600人観戦

社会 神奈川新聞  2015年02月16日 03:00

雫さん(中央下)、ダンプ松本さん(左)らが出場したチャリティー女子プロレス大会=横須賀市総合体育会館
雫さん(中央下)、ダンプ松本さん(左)らが出場したチャリティー女子プロレス大会=横須賀市総合体育会館

横須賀市ゆかりの女子プロレスラー雫(しずく)有希(あき)さん(28)が代表を務める団体、きらきら太陽プロジェクトが14日、市総合体育会館(同市不入斗町)でチャリティー大会を開催し、約600人が集まった。

雫さんは慶応大レスリング部時代に防衛大で練習を積み、市内にも住んだことがある。今回初めての横須賀大会は5試合が組まれ、ダンプ松本さんら有名選手も参戦。子ども向けのプロレス教室も行われた。2試合に出場した雫さんはともに敗れ、「ぶざまな試合をしたが、これだけの人が入ってうれしい気持ちでいっぱい」と喜んだ。

家族4人で来場した子ども=同市野比=は「女子プロレスを観戦するのは初めて。倒れても起き上がって闘っているのがすごかった」と話していた。

【神奈川新聞】


シェアする