1. ホーム
  2. 家族に感謝の思い 「2分の1成人式」茅ケ崎

家族に感謝の思い 「2分の1成人式」茅ケ崎

神奈川新聞  2015年02月14日 03:00

2分の1成人式で、家族の前で作文を披露した子どもたち=小出地区コミュニティセンター
2分の1成人式で、家族の前で作文を披露した子どもたち=小出地区コミュニティセンター

成人まで半分の節目となる10歳を祝う「2分の1成人式」が13日、茅ケ崎市堤の小出地区コミュニティセンターで開かれた。市立小出小学校4年生の55人が出席し、集まった家族らの前で感謝の思いを伝えた。

子どもたちの成長を地域でも見守っていることを知ってもらおうと、同校と同センターが協力して毎年開催している。

式では児童一人一人が、家族への感謝の気持ちを込めた作文を披露。「毎日家事や仕事をしてくれてありがとう」「大人になったら欲しい物を買ってあげる」といった子どもたちの言葉を、保護者らは目を赤くして聞いていた。作文は、10年後の自分に宛てた手紙と、10歳の思い出の品とともにタイムカプセルとして保管し、成人の日に開封する予定という。

男子児童(10)は「友達と一緒に式を迎えられてうれしい。家族にも気持ちを伝えられてよかった」と笑顔を見せた。

【神奈川新聞】


シェアする