1. ホーム
  2. 社会
  3. 警官の階級章偽造、販売 県警が会社員逮捕

警官の階級章偽造、販売 県警が会社員逮捕

社会 神奈川新聞  2015年02月13日 03:00

県警が押収した階級章(手前)や警察手帳=神奈川署
県警が押収した階級章(手前)や警察手帳=神奈川署

県警警察官の階級章を偽造、販売したとして、県警サイバー犯罪対策課と神奈川署は12日、公記号偽造と偽造公記号使用の疑いで、相模原市南区上鶴間本町9丁目、会社員の男(38)を逮捕した。階級章を公記号とみなした摘発は全国で初めて。

逮捕容疑は、2014年1~4月、県警巡査部長級の階級章を偽造し、ネットオークションで千葉市の男性(56)に2万千円で販売した、としている。

制服の胸部に着ける階級章は識別番号標、エンブレム、本体の三つの部品から成る。県警は、同容疑者が各部品の偽物をオークションで仕入れたとみており、組み立てが偽造罪に、完成品の販売が使用罪に当たると判断した。

県警の調べに対し、同容疑者は「販売はしたが、偽造はしていない」と一部を否認している。

県警は14年7月、自宅を家宅捜索し、模造された手錠や制服に着けるワッペンのほか、制服やモデルガンなど計91点を押収。11年2月から14年6月にかけ、オークションに警察備品の偽物約270点を出品し、約230万円を売り上げていた。県警によると、同容疑者は「子どものころになりたかった警察官の気分を味わいたかった」と供述している。

【神奈川新聞】


シェアする