1. ホーム
  2. 社会
  3. 川崎市 介護保険料基準額を引き上げ

川崎市 介護保険料基準額を引き上げ

社会 神奈川新聞  2015年02月07日 03:00

川崎市は4月から、65歳以上の市民が納める介護保険料基準額を、現在の月額5014円から5540円に引き上げる。高齢化が進みサービス利用者の増加に伴う値上げで、市議会第1回定例会に条例改正案を提案する。福田紀彦市長は公約で県内最高額からの脱却を掲げており、横浜市の値上げ(4月から5990円)で、結果的に「公約達成」となる見通し。

介護保険料は各自治体が3年ごとに見直している。川崎市は今回の改正で、最低区分の対象者は月額2507円を2770円に、最高区分は1万1533円を1万2743円に引き上げる。また、現行の13区分を14区分に細分化した。

現在の県内市町村の基準額は川崎市5014円が最高で、横浜市5千円、伊勢原市4978円と続いている。

川崎市によると、第5期いきいき長寿プラン(計画期間12~14年度)と第6期(15年~17年度)の中間年を比較すると、高齢者人口は約26万人から約30万人、要支援・要介護認定者は4万5100人から5万4100人に増加。介護保険サービス利用者も約22%増えるため、介護給付費は688億円から894億円に3割近く増加するとみている。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ブルーライン延伸、有力ルート案に市民意見募集へ 川崎市

  2. 横須賀市内で5900軒停電

  3. ロマンスカーにはねられ、女性死亡 厚木市内の踏切

  4. 「裏横浜」にようこそ 10月にツアー、参加者募集

  5. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  6. 【写真特集】台風15号の被害状況

  7. 破天荒が4連覇 相模原でよさこいイベント 45チームが熱演

  8. サーファー男性が溺れて死ぬ 鵠沼海岸

  9. 水没車引き上げ作業中に死亡 ワゴン車と乗用車に挟まれる

  10. 【台風15号】ボランティア活動開始 横浜の工業団地