1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 全国中学校スケート:青木祐奈(富岡)が4位入賞

全国中学校スケート:青木祐奈(富岡)が4位入賞

スポーツ 神奈川新聞  2015年02月04日 03:00

フィギュア女子で4位になった青木祐奈のフリー=長野市ビッグハット(共同)
フィギュア女子で4位になった青木祐奈のフリー=長野市ビッグハット(共同)

全国中学校スケート大会最終日は3日、長野市ビッグハットなどで行われ、神奈川勢はフィギュア女子で富岡中1年の青木祐奈がフリートップとなる114・06点をマークし、合計163・21点で4位に食い込んだ。

◇初のノーミスに笑顔

演技が終わると、1年生の青木は高く掲げた両手を握りしめた。自己ベストを10点以上も上回る114・06点はフリートップ。「すごくびっくりした。ちゃんと練習通りできてよかった」という会心の内容で、堂々の4位入賞を飾った。

冒頭、世界でも数人しか跳んだことのない3回転ルッツ-3回転ループが見事に決まる。前日のSPでは失敗していた大技を決めて気持ち良く滑りだすと、続けてまたも高難度のサルコー-ループの連続3回転にも成功した。

「わぁーって感じ」と一瞬躍った心を冷静に沈め、「油断せず落ち着いてやった」という。以降のジャンプやスピン、ステップも難なくまとめ、「初めてノーミスで(演技が)できてうれしい」と笑顔を見せた。

所属する神奈川スケートリンクが建て替え中。以前は氷上トレーニングに5時間ほどかけていたが、ここ半年間は2時間ぐらいしか行えない。それでも、そんな練習不足のハンディを「しっかり集中して、少ない時間でも全部を出すよう練習している」という気持ちの強さで吹き飛ばした。

昨秋の全日本ノービス選手権を大差で優勝するなど、次代を担う期待の13歳。ジュニアデビューする2015年が幕を開け、「ショートもフリーもベストの演技をして、順位よりも納得できる演技がしたい」と飛躍を誓った。

【神奈川新聞】


シェアする