1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 川崎の魅力伝えるプラン案 愛着の好循環を  ブランドメッセージも設定

川崎の魅力伝えるプラン案 愛着の好循環を  ブランドメッセージも設定

政治行政 神奈川新聞  2015年01月31日 03:00

川崎市は、市への愛着や誇りを高め、地域の魅力を市内外に伝えるための「シティプロモーション戦略プラン」案をまとめた。2015年度は市の多彩な魅力をひと言で表現する「ブランドメッセージ」の設定を目指す。2月23日まで、案に対する市民意見を募集している。

プラン案で掲げた目標は、▽市民の「川崎への愛着・誇り(シビックプライド)」の醸成▽川崎の対外的な認知度やイメージの向上-の二つ。自分の住むまちに愛着を持つことで、主体的に地域に関わる市民が増え、地域活性化につながるとしている。対外的イメージの向上で、市に対する市民の自信や誇りが高まり、さらなる愛着への好循環を生み出すとしている。

ブランドメッセージは、企業で言う「お口の恋人」(ロッテ)などに倣い、市の魅力や考え方、将来的な在り方といった方向性をひと言で表現する。これまで「音楽のまち」「スポーツのまち」といった取り組みを進めてきたが、統一感のある情報発信や市全体のイメージを市内外に定着させるために活用していく。

このほか、受け手を意識した情報や統一感のある情報の発信などコミュニケーション戦略も整理した。

市は2005年に「シティセールス戦略プラン」を策定し、市のイメージアップや魅力創出に取り組んできた。新たなプラン案はこれまでの成果を生かして、さらなる都市ブランド力の強化を図る。

プラン案は市ホームページや各区役所などで閲覧でき、市民意見は電子メールやファクス、郵送などで受け付ける。問い合わせは市シティセールス・広報室電話044(200)2473。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕