1. ホーム
  2. 社会
  3. 「妖怪メダル」のニセ物を販売 男を逮捕

「妖怪メダル」のニセ物を販売 男を逮捕

社会 神奈川新聞  2015年01月29日 03:00

押収された複製品の「妖怪メダル」(右)と本物。ほぼ見分けがつかないが、複製品はやや色が薄いものが多いという=伊勢原署
押収された複製品の「妖怪メダル」(右)と本物。ほぼ見分けがつかないが、複製品はやや色が薄いものが多いという=伊勢原署

伊勢原署は28日、著作権法違反の疑いで、大阪府東大阪市、無職の男(27)を逮捕した。

逮捕容疑は、昨年10月9日から同18日にかけ、ゲームやアニメで子どもに人気の「妖怪ウォッチ」の関連グッズ「妖怪メダル」の複製品を、インターネットオークションを介して川崎市川崎区の20代女性と東京都稲城市の30代女性に販売した、としている。

同署によると、男は人気のある非売品の妖怪メダルを2枚2500円で販売。200人超に400セット近くを売り約70万円近くの利益を上げていたとみている。男宅からメダル約100枚のほか、メダルに貼る大量のシールなどを押収。同署の調べに対し、男は「複製品と知った上で中国人から100枚3万円で買った。ギャンブルのための金が欲しかった」などと供述、容疑を認めている。

【神奈川新聞】


シェアする