1. ホーム
  2. 話題
  3. 童話創始の情熱を-原本38点など公開「赤い鳥」終刊80年、25日まで

童話創始の情熱を-原本38点など公開「赤い鳥」終刊80年、25日まで

話題 神奈川新聞  2016年12月13日 02:00

「赤い鳥」の原本が並ぶ企画展=鎌倉市雪ノ下
「赤い鳥」の原本が並ぶ企画展=鎌倉市雪ノ下

 日本の近代児童文学に大きな影響を与えた雑誌「赤い鳥」の終刊から80年の節目に原本などを公開する企画展が、鎌倉市雪ノ下の銀の鈴ギャラリーで開かれている。25日まで。

 主宰者で作家の鈴木三重吉は1918年の創刊号で「子供の純性を保全開発するために、現代第一流の芸術家の真摯(しんし)なる努を集め(中略)創作家の出現を迎ふる一大区画的運動の先駆である」と宣言。鈴木が没する36年まで196冊が刊行された。芥川龍之介や有島武郎が「杜子春」や「一房の葡萄(ぶどう)」を寄稿したほか、新美南吉ら若手作家を数多く輩出。童話や童謡という新しいジャンルの創始に大きく寄与した。

 企画展はギャラリーを運営する銀の鈴社(西野真由美社長)創業30年に合わせ、和洋女子大の仁平道明教授が所蔵する当時刊行された原本38点などが並ぶ。表紙の童画も色鮮やかで、西野社長は「『子どもたちにいい作品を』という文士や画家の熱い思いが、原本だからこそ感じられる」と来場を呼び掛ける。

 入場無料。水曜定休。問い合わせは同ギャラリー電話0467(61)1930。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 三浦半島で停電相次ぐ

  2. 台風の波が掘り返す? 横浜・山下公園の海底から銃弾 

  3. 「ホームレス襲撃」と命の重さ 横浜で22日上映会

  4. 進む入居者間連携 「湘南アイパーク」開所1年半

  5. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  6. 県立6施設22日に無料公開 即位礼正殿の儀を慶祝

  7. 【台風19号】相模原の住宅被害116棟 夫婦捜索に全力

  8. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  9. ラグビーW杯 「松島、ここからが勝負」恩師のエール

  10. 知的障害の15歳少女を誘拐、藤沢市内で 29歳の男逮捕