1. ホーム
  2. 話題
  3. ホウボウのトマト煮と刺身

横須賀佐島・魚行商のおかみさんレシピ(30)
ホウボウのトマト煮と刺身

話題 神奈川新聞  2015年01月28日 00:00

 色鮮やかで面白い形のホウボウ。佐島では一年中水揚げされ、冬場の今が旬といわれています。今日は、ホウボウのトマト煮を作りましょう。

 (1)ホウボウのうろこと頭を落とし、はらわたを取り除きます。

 (2)ブツブツと輪切りにします。

 (3)フライパンに油を引き、ニンニクのみじん切りを入れ、こんがりと色がつくまで炒めます。

 (4)厚めにスライスしたタマネギを入れ、タマネギがしなやかになったら【2】のホウボウを入れます。

 (5)塩を大さじ1杯、こしょうを少々、さらに缶詰のトマト(丸ごと水煮)を1缶入れ、7分ほど煮ます。

 (6)イカの足、ホタテ、カニなどのシーフードがあれば、一口大に切り、加えます。冷蔵庫の中にあれば活用する、というイメージです。

 (7)彩りに、赤パプリカやブロッコリーなどを入れ、最後にケチャップなどでお好みの味に整えてください。ブイヤベースのようになりますよ。

 ホウボウは刺し身にしても絶品です。刺し身にする場合は【1】の状態から三枚におろし、真ん中の部分の骨を切り取ってください。さっぱりとして、プリッとした歯応えがあり、タイに近い味です。

 <レシピ =福本 育代>

 <イラスト=福本 倖子>

【神奈川新聞】


シェアする