1. ホーム
  2. 話題
  3. 「相模灘」仕込み最盛期

「相模灘」仕込み最盛期

話題 神奈川新聞  2016年12月13日 02:00

日本酒の仕込みが最盛期を迎え、米をもみほぐす「久保田酒造」の久保田晃さん(左)と蔵人
日本酒の仕込みが最盛期を迎え、米をもみほぐす「久保田酒造」の久保田晃さん(左)と蔵人

 日増しに寒さが厳しくなる中、相模原市緑区根小屋の山あいにある酒蔵「久保田酒造」で日本酒の仕込みが最盛期を迎えている。蔵人は「手作りのおいしい酒を味わってほしい」と手間を惜しまず、早朝から忙しそうに作業を続けている。

 久保田酒造によると、1844年創業。裏山の丹沢山系の湧水を使った日本酒「相模灘」を一升瓶で年間約3万6千本出荷している。日本酒ブームや圏央道の開通で、関東近県から直接買いに訪れる人もいる。

 9日は午前6時ごろから作業を開始。純米吟醸や純米酒用に「美山錦」という品種の米約250キロを蒸し上げ、蔵人が棚に敷き詰めて冷ましていた。その後、室温を30度前後に保った部屋に移し、社長の久保田晃さん(38)らが、こうじ菌をなじませるため、米を丹念にもみほぐした。

 久保田さんは「温度管理に最も気を使う。年が明けると純米大吟醸などの難しい仕込みが入り、さらに忙しい毎日になる」と話している。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会