1. ホーム
  2. 社会
  3. 【照明灯】「イスラム国」の暴挙

国家の3要件とは領土、国民、統治機構とされる。武力により版図を広げ、恐怖で人民を従属させ、油田の襲撃などで得た資金で戦闘員に給料を支払う。「イスラム国」はテロリスト集団にすぎず、断じて国家とは認められない▼湯川遥菜さん、後藤健二さんをひざまずかせ、身代金を要求したビデオで、イスラム国とみられるグループは「日本は十字軍に参加した」と非難した。かつて西欧が引いた国境などの秩序を破壊し、イスラム教徒の国をつくることを宣言。「正しい目的」のためには殺人も、人質を盾にとった脅迫も、人身売買すら肯定する▼これまで日本は中東の安定に寄与してきた。安倍晋三首相が表明したイスラム国対策2億ドルの無償資金協力も、イラクやシリアの難民向け人道支援である。積極的平和主義を逆手に取ったとすれば怒りが募る▼「人命優先」と「テロに屈しない」を両立させ、2人の救出に結び付ける交渉は至難の業と言わざるを得ない。72時間のタイムリミットをにらみつつ、犯行グループの意図を把握する努力が焦眉の急だ▼オバマ米大統領は一般教書演説の中で、イスラム国の壊滅への決意を明らかにした。国際的な包囲網を強化し、粘り強い取り組みによって過激派集団を追い込みたい。

【神奈川新聞】


シェアする