1. ホーム
  2. J3:YSCC 横浜市内で始動 「1試合でも多く勝ちたい」

J3:YSCC 横浜市内で始動 「1試合でも多く勝ちたい」

神奈川新聞  2015年01月21日 03:00

ランニングするYSCCの選手たち=横浜市中区の横浜カントリー&アスレチッククラブ
ランニングするYSCCの選手たち=横浜市中区の横浜カントリー&アスレチッククラブ

J3のYSCCが始動。3月15日に開幕するリーグ2年目の戦いへ走り始めた。

12チーム中最下位と不本意な1年だったYSCCは、横浜市中区の横浜カントリー&アスレチッククラブでスタート。就任2年目の有馬賢二監督(42)の声が飛ぶ中、イレブンは昨季の屈辱を晴らそうと精力的に動いた。

YSCCは約1時間の練習を予定していたが、倍近い約2時間のトレーニング。初日からピッチに活気があふれた。

身ぶり手ぶりで指導した有馬監督は「去年は重り(体重)を付けて来ていた選手もいたが、おのおのが自覚を持ち、しっかり準備してくれた」。J3参戦2年目となる選手の意識の変化を感じ取り、満足そうな表情で初日を切り上げた。

昨季は高い位置でボールを奪って攻めるスタイルを徹底したが、4勝、29得点、勝ち点24はいずれもリーグワースト。指揮官は一番の反省点として気持ちの甘さを挙げ、「もっともっと突き詰めないといけない。強い気持ちを持って普段の練習から出しきれるかが、大きな差」と戦う姿勢と規律を一層求める。

ハードワークが持ち味のチームの謙虚さ、愚直さは、見る者を引き付けるはず。主将のMF吉田は「一試合でも多く勝ちたい」と鋭い目付きで語った。

【神奈川新聞】


シェアする