1. ホーム
  2. 経済
  3. 「地域活性化へ団結」 湘南信金など3機関連携へ

「地域活性化へ団結」 湘南信金など3機関連携へ

経済 神奈川新聞  2014年12月26日 03:00

業務提携を締結した県信用保証協会、湘南信用金庫、日本政策金融公庫横浜支店のトップら=横浜市西区
業務提携を締結した県信用保証協会、湘南信用金庫、日本政策金融公庫横浜支店のトップら=横浜市西区

湘南信用金庫、県信用保証協会、日本政策金融公庫県内支店国民生活事業は25日、「創業支援等に係る業務連携・協力に関する覚書」を締結した。創業支援や中小企業の振興などで連携し、地域経済の活性化を図る。都道府県単位の信用保証協会と信用金庫、日本公庫による創業支援スキームは全国初という。

県内で中小企業の創業を目指す起業家などに対し、協調融資や融資後のフォローアップなどで連携する。創業時には企業に実績がないため、一つの金融機関では希望する資金全額を融資できないケースなども多いが、3機関の連携でリスクも分散され、希望に沿った融資も可能になるという。

湘南信金の石渡卓理事長は「3機関の絆を強固にして、一緒に地域の中小企業のために頑張る意義は大きい」、県信用保証協会の松藤静明会長は「地域経済の活性化に必要な新たな力として、創業の促進につなげたい」、同公庫横浜支店国民生活事業の鏡宝代志事業統轄は「地域経済活性化のために団結して中小企業を育てていきたい」と述べた。

【神奈川新聞】


シェアする