1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 金利負担6万円に減 下水道事業の二重借入で秦野市

金利負担6万円に減 下水道事業の二重借入で秦野市

政治行政 神奈川新聞  2016年12月09日 14:48

 下水道事業で二重に借金するなどのミスが重なり359万円の金利負担が生じた問題で、秦野市は8日、借入先と交渉し、金利負担が6万588円に軽減されたことを明らかにした。

 市によると、借入先の地方公共団体金融機構に働き掛け、金利負担を9月21日から、返済日の今月12日までの発生分にとどめることができたという。

 昨年度の下水道管埋設や下水処理施設改築など借金を伴う209事業中26事業で、(1)同じ工事の予算を2回計上(2)予算の過大評価(3)対象外の事業で起債-などのミスが発生。同機構から借りた約18億円のうち1億1250万円は本来借金する必要がなく、返済終了までの30年で359万円の利息が生じる見通しとなっていた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕