1. ホーム
  2. 社会
  3. ヘルスケア施設開所 「第3の柱」中核機関に 東芝

ヘルスケア施設開所 「第3の柱」中核機関に 東芝

社会 神奈川新聞  2014年12月18日 03:00

ヘルスケア開発センターの開所にあたりテープカットを行う東芝の関係者=川崎市幸区
ヘルスケア開発センターの開所にあたりテープカットを行う東芝の関係者=川崎市幸区

東芝は17日、川崎市幸区の小向事業所内に「ヘルスケア開発センター」をオープンした。ヘルスケア事業をエネルギー、ストレージ(外部記憶装置)に続く「第3の柱」に据え、同センターをその中核研究機関と位置づける。2016年度には、同事業への開発研究費として本年度の3割増となる500億円を投入。国内外の研究開発人員を現在の約3千人から約3800人に増員する方針だ。

同社のヘルスケア事業は画像診断装置を中心とする「診断・治療」、病気の発症リスクを低減する「予防」、病気やけがの治癒後をケアする「予後・介護」、安全・安心な生活環境や健康をサポートする「健康増進」-の4分野で展開している。

同センターは床面積2200平方メートル、従業員数約120人。超音波診断装置や磁気共鳴画像装置(MRI)、身に着けた機器で体温・心拍数などを計測するウェアラブルセンシング技術、ヘルスケア関連のビッグデータ解析などを主な研究開発テーマとし、次世代製品やサービスの創出を加速させるのが狙いだ。

超音波診断装置やMRIに関しては首都圏の大学や研究機関とも連携、早期の市場投入を視野に開発を行うとしている。

この日の開所式で、田中久雄代表執行役社長や、同社の社内カンパニー・ヘルスケア社の綱川智社長ら関係者がテープカットを行った。田中社長は「グループの技術を結集し、ヘルスケア事業の一層の拡大を図りたい」とあいさつ。同事業の売り上げ目標として、あらためて「15年度に6千億円、16年度に7200億円、17年度に1兆円」を掲げた。

【神奈川新聞】


シェアする