1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 感動のレース期待 箱根駅伝で贈呈 トロフィー披露

感動のレース期待 箱根駅伝で贈呈 トロフィー披露

スポーツ 神奈川新聞  2014年12月18日 03:00

トロフィーを山口町長(右)に手渡す金指さん=箱根町役場(町提供)
トロフィーを山口町長(右)に手渡す金指さん=箱根町役場(町提供)

来年1月2、3の両日に開催される箱根駅伝で、往路優勝校に贈呈される箱根寄木細工のトロフィーが17日披露され、箱根町の山口昇士町長に託された。今回が19回目の制作となった伝統工芸士の金指勝悦さん(74)は「今回はどんな感動があるか、いまから期待しています」と出場選手らにエールを送った。

カップ本体は直径23センチ、高さ24センチ。外輪山や火口丘などからなる箱根山を表現すると同時に、出場校数と同じ20枚の花びらを二重に配置したため、1輪の大きな花のようにも見える。

台座は4・5区の中継点がある小田原市にちなみ、北条鱗(うろこ)紋の柄を配置。材料にも同市の木「クロマツ」を取り入れた。

トロフィーは18日から25日まで、町役場1階の箱根物産コーナーに展示される。

【神奈川新聞】


シェアする