1. ホーム
  2. 経済
  3. バンカーの砂 受験守りに 相鉄リテール

バンカーの砂 受験守りに 相鉄リテール

経済 神奈川新聞  2014年12月13日 03:00

バンカーの砂を小瓶に詰めた、「嫌でも入ってしまう」合格祈願のお守り
バンカーの砂を小瓶に詰めた、「嫌でも入ってしまう」合格祈願のお守り

受験シーズンを前に、相鉄ステーションリテール(横浜市西区)は15日、バンカーの砂を小瓶に詰めた、「嫌でも入ってしまう」合格祈願のお守りを発売する。

お守りに使われる砂は、甲府国際カントリークラブ(山梨県笛吹市)の16番ホールにあるバンカーのもの。打ち下ろしのショートホールで、グリーン手前などに配置されているバンカーに打ち込んでしまうプレーヤーは多いという。

相鉄グループは、2011年1月からバンカーお守りを販売。翌年12月に同クラブを他社に譲渡した後も問い合わせが続いたため、販売を継続し、昨年は1700個以上売れたという。ストラップ付きで、同グループは「お守りを携帯し、合格を勝ち取ってほしい」と話している。

相鉄線の駅売店や横浜ベイシェラトンホテル&タワーズで3千個を販売。価格は「桜咲く」にちなんで390円。問い合わせは、相鉄ステーションリテール駅売店担当電話045(319)2329。

【神奈川新聞】


シェアする