1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 季節の花 華やかに ツリーやケーキも 相模原公園でクリスマス展

季節の花 華やかに ツリーやケーキも 相模原公園でクリスマス展

カルチャー 神奈川新聞  2014年12月12日 03:00

ケイトウで作ったケーキなどが並ぶクリスマス展=サカタのタネ グリーンハウス
ケイトウで作ったケーキなどが並ぶクリスマス展=サカタのタネ グリーンハウス

季節の花で彩るクリスマス-。相模原市南区の県立相模原公園内にある温室「サカタのタネ グリーンハウス」でクリスマス展が開かれている。200鉢以上のポインセチアの鉢植えを組み立てて作った約2メートルのクリスマスツリーや、飾り付けたモミの木が並び、クリスマス気分を盛り上げている。27日まで。

会場のメーンホールにはこのほか、赤と黄色のケイトウをキャンドルに見立てて並べた“クリスマスケーキ”も登場。150本の切り花や200鉢のユリの一部もヒイラギなどでクリスマス風に飾り付けられている。南区に住む大瀬恭央さん(72)は、「イルミネーションは街にたくさんあるけれど、ここは自然のものでいいですね」と展示に見入っていた。

同公園スタッフは「クリスマスに向けて、展示も増えて華やかになるので、大人から子どもまで見に来て」と呼び掛ける。

入場料は大人200円、65歳以上、高校生以下は無料。14、20日には、紙でクリスマス飾りを作るワークショップも行われる。問い合わせは、同公園電話042(778)1653。

【神奈川新聞】


シェアする