1. ホーム
  2. 経済
  3. 川崎銀柳街、20%割引付の商品券を発行

川崎銀柳街、20%割引付の商品券を発行

経済 神奈川新聞  2014年11月27日 03:00

年末商戦に合わせ、JR川崎駅東口の商店街「川崎銀柳街商業協同組合」(小島照彦理事長)が20%割引の付いたプレミアム商品券を発行している。5千円分(500円券10枚つづり)を4千円で販売。加盟53店舗のうち、券売機制の飲食店などを除く29店舗で使用できる。有効期限は来年3月31日。

商品券の発行は、同組合の設立65周年と市制90周年にちなんだ活性化策。参加店舗は飲食店や総菜店、ドラッグストア、ファストフード店などで、商品券の裏面に使用できる店舗名が明記されている。

同組合関係者は「2割引きを利用して、年末年始に必要なものをそろえてもらえれば」と話している。購入は1人10セットまで。同組合事務所で午前11時から午後3時まで販売している。問い合わせは、同組合事務所電話044(233)1666。

【神奈川新聞】


シェアする