1. ホーム
  2. 社会
  3. 犯罪被害者に支援を 横浜で啓発キャンペーン

犯罪被害者に支援を 横浜で啓発キャンペーン

社会 神奈川新聞  2014年11月26日 03:00

チラシなどを配布し、犯罪被害者支援を呼び掛けるボランティア(左)=横浜市西区
チラシなどを配布し、犯罪被害者支援を呼び掛けるボランティア(左)=横浜市西区

「犯罪被害者週間」が25日、全国一斉に始まり、啓発キャンペーンが横浜駅東口の新都市プラザ(横浜市西区)で行われた。NPO法人神奈川被害者支援センターのボランティアらがチラシなどを配り、事件事故の被害者とその家族や遺族の境遇に理解を呼び掛けた。同センターや県、県警の主催。

ボランティアのほか、県と県警の担当者ら計約80人が参加し、県内の被害者支援の取り組みなどを紹介するリーフレットやチラシ、花言葉が「思いやり」というチューリップの球根6千セットなどを通行人に配布。県警音楽隊が「上を向いて歩こう」など6曲を演奏し、犯罪被害者が再び地域で平穏に暮らせるよう、支援活動への理解を求めた。

同センターの榊原高尋理事長(82)は「被害に遭われた方が心の痛みを乗り越えていけるように経済的、心理的なバックアップをお願いしたい」と訴えた。

同週間は12月1日まで。11月27日には川崎市川崎区の商業施設でも啓発キャンペーンが行われる。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会