1. ホーム
  2. 経済
  3. ソニー、FIFAのスポンサーを降板へ

ソニー、FIFAのスポンサーを降板へ

経済 神奈川新聞  2014年11月25日 12:45

ソニーが、2007年から務めていた国際サッカー連盟(FIFA)の主要スポンサーを、8年間の契約期間が満了する14年12月末をもって降りる方向で検討していることが25日、分かった。巨額費用を伴うスポンサー契約の更新を見送り、構造改革による業績の立て直しを急ぐ。

ソニーは総額330億円を投じ家電製品などの分野のスポンサーを務めていた。契約期間中に南アフリカとブラジルでワールドカップ(W杯)が開かれ、新興国での認知度向上など一定の成果が出たと受け止めている。

ソニーはスマートフォン事業の不振を主因に、15年3月期の連結純損益が2300億円の赤字に陥る見通しだ。株式の年間配当も上場以来初の無配を決めている。

【共同通信】


シェアする