1. ホーム
  2. 社会
  3. 元妻暴行、男を逮捕 室内に発砲、県警が関連捜査

元妻暴行、男を逮捕 室内に発砲、県警が関連捜査

社会 神奈川新聞  2014年11月25日 03:00

元妻の女性(42)に暴行を加えたとして、県警捜査1課と南署などは24日、暴行の疑いで、横浜市磯子区丸山1丁目、無職の男(49)を逮捕した。23日夜には、女性が子ども2人と住む同市南区のマンションの室内に銃弾が撃ち込まれる発砲事件があり、同署は関連を調べる。

逮捕容疑は、13日午後6時40分ごろ、同市磯子区丸山1丁目のコンビニ駐車場で、女性の髪の毛をつかみ、押し倒すなどの暴行を加えた、としている。県警の調べに対し、同容疑者は「女房なので、そんなことはしない」と供述、容疑を否認している。

同署によると、女性は同日夜に同署を訪れて被害を相談。磯子区のマンションを離れ、知人女性を介して南区のマンション10階の部屋に2週間ほど前から、子ども2人と住んでいた。

同署によると、23日午後11時40分ごろ、女性から「(部屋の)玄関付近で拳銃のようなものを発砲された」と110番通報があり、同署員が玄関付近の床で弾痕、寝室のベッドの布団の上で銃弾1発を発見した。施錠してあった玄関ドアの二つの錠が開けられており、U字ロックがかかった状態で開いたドアの隙間から撃たれたとみられる。女性と子ども2人にけがはなかった。

女性は県警に対し、「発砲の数時間前に、元夫から携帯電話に『今からそっちにいくぞ』と連絡があった」と説明。県警が同容疑者を捜していたところ、24日午後1時半ごろ、箱根町のレストランで発見した。

【神奈川新聞】


シェアする