1. ホーム
  2. スポーツ
  3. ACL出場目指し大久保が闘志 2年連続得点王獲得に迷いなし

ACL出場目指し大久保が闘志 2年連続得点王獲得に迷いなし

スポーツ 神奈川新聞  2014年11月21日 03:00

2年連続得点王を狙う川崎・大久保(右)=川崎市麻生区の麻生グラウンド
2年連続得点王を狙う川崎・大久保(右)=川崎市麻生区の麻生グラウンド

2年連続の得点王へラストスパートだ。今シーズンも残りは3試合。川崎のFW大久保は「ここまで来たらやっぱり(得点王を)取りたい」と強い決意を見せた。

現在15点で、得点ランキングでトップタイ。ただ、ハットトリックを達成した9月23日の大宮戦を最後に6戦連続でゴールから遠ざかっている。

無得点のここ6試合で放ったシュート数は1試合平均2本。チャンス自体が減っていることにエースは危機感を覚えるが「去年(得点王を)取っているから気持ちはすごく楽」と話す。「プレッシャーが半端なかった」という昨季のハイレベルな得点王争いを制しただけに余裕がある。

鹿島戦は主将のMF中村がけがで欠場する見込み。この日の紅白戦では山本、大島の両MFとともに中盤に入り、周囲との連係を確認した。「戦術やポジションにとらわれず、自由に動いてほしい」という風間監督のお墨付きを得て、前線にも積極的に顔を出した。

「俺が点を取れば間違いなく勝てる」。来季の残留を決め、もう迷いのないストライカーは景気よく言った。

【神奈川新聞】


シェアする