1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 神奈川大学 全国大会で26度金賞に輝く名門吹奏楽部 16日に横浜キャンパスで無料公演

神奈川大学 全国大会で26度金賞に輝く名門吹奏楽部 16日に横浜キャンパスで無料公演

カルチャー 神奈川新聞  2014年11月15日 12:10

神奈川大学吹奏楽部(左から)、辻亮さん(4年、トランペット)、五十嵐桃子さん(4年、クラリネット)、安達李奈さん(3年、サックス)、磯尾統真さん(2年、トロンボーン)の部員たち。10月に新潟で行われた「第62回全日本吹奏楽コンクール」大学の部で金賞を獲得した
神奈川大学吹奏楽部(左から)、辻亮さん(4年、トランペット)、五十嵐桃子さん(4年、クラリネット)、安達李奈さん(3年、サックス)、磯尾統真さん(2年、トロンボーン)の部員たち。10月に新潟で行われた「第62回全日本吹奏楽コンクール」大学の部で金賞を獲得した

名匠・小澤俊朗(70)が指揮をとる「神奈川大学吹奏楽部」が「第62回全日本吹奏楽コンクール」(10月、新潟市で開催)の大学の部で、通算26回目の金賞を受賞した。吹奏楽ファンはもちろん、キャンパスがある六角橋の住民からも愛されている同部の活動。恒例の地域感謝コンサートには人が大勢押し寄せ、先着順で無料配布する1600枚のチケットは瞬く間になくなってしまう。金賞常連校が生む至極の時間。今年の地域感謝公演は16日午後2時から、神奈川大学・横浜キャンパス(横浜市神奈川区)で行われる。

王者・神大吹奏楽部が踏んだ42度目の全国舞台。自由曲には2002年の同大会で演奏し金賞を獲得したハンガリーの作曲家バルトークが作曲したバレエ音楽「中国の不思議な役人」を再び採り上げた。曲中には魅力的な1人の少女、少女を操り男を誘惑させる悪党、美しい娘にほんろうされる中国の役人が登場。バレエでは主役・脇役が演じる立場は終始変わらないが、演奏では各場面によって主になる楽器が変化していく。トロンボーン、トランペット、クラリネットなど各パートが前に出たり、下がったりする様は、乱れる人間の心音を暴いていくようだ。男を誘う少女、美貌に惑わされる男。揺れる心を音で表現するため取り入れたのは、椅子を取っ払い向き合って行う“バトル練習”だ。警告音のように鋭く、わなを仕掛けるように巧みに。音が立ち上がってくる演奏は、楽器を通し相手をののしるなど、血肉で感じたものをはき出したような鬼気迫るものだった。

自身が担当するサックスの先生が2002年に演奏をしたメンバーだったと言う安達李奈さん(3年)は「バトル練習は音符をなぞるのではなく、『音と音で戦う』気持ちで挑みました。課題曲の『きみは林檎の樹を植える』の練習では楽器を横に置いて演奏はせず、五線譜に記された音をそれぞれが演じて、体感したことを音に込める大切さに気がつきました」。全国大会が開かれた新潟出身の五十嵐桃子さん(4年・クラリネット)は「地元での演奏は万感の思いがありました。自由曲からはどろどろとした色を感じたので、それを体現するために音をぐしゃりとつぶしたり、ぶつけたり。不協させることで不安感を生み出したり。試行錯誤しながら作り上げていきました」と振り返った。

同曲でソロを任された磯尾統真(2年・トロンボーン)さんは「大役に驚きましたが、12年前の映像を繰り返し見て、いまの自分たちだからこそできることを音に込めようと決めた。小澤先生はことし70歳。全身を躍動させて振るタクトに、くらいついていくんだという気持ちで臨みました」。辻亮さん(4年・トランペット)は「難しい楽曲で、自分たちの無力さに途方に暮れる場面もありましたが、『結果は必ずついてくる』と小澤先生に励まされ、金賞を獲ることができました」と感謝した。

着任した1978年に同部を初の金賞に導き、以後36年に渡りタクトを振る小澤さんは「旋律をなぞるのではなく、楽器を通して出した音でどう音楽を表現し、音を捕まえ芸術にすることが大切」と力説する。演奏前には曲が生まれた時代背景などを部員に細かく説明していく。「曲を理解するためには、歴史をひもとくことも必要です。学生は知らないことがあったり、失敗をすることがあってもいい。繰り返さないことが大切。そして何よりもいけないことは、知ろうとしないことです」と力を込めた。

地元を愛する学生たち。中華料理店や喫茶店、書店などが並ぶ六角橋商店街では、演奏パレードを行うなど交流も深く、「がんばってね」と声をかけられることも多い。カレー店の男性店主は「吹奏楽部は強いんだよね。地元の誇りだよ」と胸を張って教えてくれた。同吹奏楽部の卒業生らで1995年に結成した楽団は、学び舎が六角橋に建つことから「六角橋吹奏楽団」と名をつけた。身体に刻まれた神大DNAは、活動の場が変わっても、ずっと生き続ける。

◇「2014 神奈川大学吹奏楽部 地域感謝コンサート」 日時:2014年11月16日(日) 午後1時15分開場、午後2時開演(先着順、無料) 場所:神奈川大学横浜キャンパス体育館(横浜市神奈川区六角橋3-27-1)

◇第50回定期演奏会 日時:2015年1月9日(金) 午後5時45分開場、午後6時半開演(全席指定、千円から) 場所:サントリーホール(東京都港区赤坂1-13-1)

▼詳細:神奈川大学吹奏楽部公式ウェブサイト http://www3.to/kusb/

【神奈川新聞】


神奈川大学吹奏楽部で音楽監督音楽監督を務める小澤俊朗さん
神奈川大学吹奏楽部で音楽監督音楽監督を務める小澤俊朗さん








シェアする