1. ホーム
  2. 社会
  3. 大和・米軍機墜落事故から50年、慰霊集会を開催

大和・米軍機墜落事故から50年、慰霊集会を開催

社会 神奈川新聞  2014年11月13日 03:00

大和市の鉄工所に米軍機が墜落、5人が死亡した事故から50年を迎え、犠牲者を慰霊する市民集会が14日、同市深見西の市生涯学習センターで開かれる。

事故は1964年9月8日に発生。米海軍厚木基地(大和、綾瀬市)を離陸したジェット機が大和市上草柳の舘野鉄工所に墜落。経営者の舘野正盛さん(故人)の3人の息子を含む従業員ら5人が死亡した。

市民集会は同市内の「厚木基地爆音防止期成同盟」「市平和委員会」「憲法九条やまとの会」「大和の空を考える市民ネットワーク」の四つの市民団体が主催。遺族で舘野さんの四男も出席する。また、講談師の神田香織さんが77年の横浜市米軍機墜落事故を講談化した「哀しみの母子像」を上演する。

午後6時半から。参加費は一般1300円(前売り千円)、高校生以下500円。問い合わせは、実行委事務局の尾崎さん電話046(211)6052。

【神奈川新聞】


シェアする