1. ホーム
  2. 経済
  3. 「デパチカ」13日に開業 小田急町田店・食料品売り場

「デパチカ」13日に開業 小田急町田店・食料品売り場

経済 神奈川新聞  2014年11月12日 03:00

改装後の小田急百貨店町田店の地下食料品売り場のイメージ
改装後の小田急百貨店町田店の地下食料品売り場のイメージ

小田急百貨店は13日、町田店の地下食料品売り場をリニューアルオープンする。“感動・創造・Machida Food Style”「ザ・デパチカ」がコンセプト。従来より4店舗多い115店舗で、うち34店舗が新規出店。日常的に使う食品とハレの日の需要の両方に応えられる売り場とし、既存顧客よりも若い層の獲得を狙う。同売り場の全面改装は1992年以来、22年ぶり。

約3千平方メートルの売り場は総菜、菓子、生鮮…と、商品群ごとに配置するのではなく、ゾーンで分けたのが特徴だ。例えば「和」のゾーンであれば和総菜、コメ、みそ、日本茶、和菓子などが一度にそろえられる。「洋」のゾーンにはインド、タイ、韓国などのアジアの総菜や、ワインの専門店も新規導入した。「和」と「洋」のゾーンを貫くメーン動線にはイベントスペースを設置、期間限定のショップも展開する。食料品の当日配送(有料)などサービス面の強化にも努めた。

改装に投じた費用は約16億円。2015年度の売り上げ目標は、13年度比7%増と設定した。小田急百貨店では「高感度なライフスタイルを提案する売り場を目指した。若い世代の新規顧客獲得を図りたい」と話している。

【神奈川新聞】


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会